簡単なリサイクル方法を知ろう

家庭でできるリサイクル術で節約

>

節約を意識すること

生ごみが堆肥に生まれ変わる

食べ物の残りや野菜の皮など、毎日生ごみが出ると思います。
生ごみを捨てていると、焼却したり埋め立て時に有害物質が発生してしまうので、地球環境の悪化に繋がります。
リサイクルすることを意識してください。
使い道がないように見える生ごみでも、実は堆肥に生まれ変わるのでリサイクルできます。

ガーデニングをしている人は、これまで堆肥を買っていたでしょう。
しかし毎回買っていると、お金が無くなってしまいます。
生ごみを分解して堆肥を作ると、栄養が豊富になります。
それを土に混ぜると、植物が元気に育つでしょう。
野菜でも花でも使用できます。
農業を行っている人だけでなく、趣味で花を育てている人にもおすすめのリサイクル方法です。

段ボールで堆肥を作ろう

堆肥を作る専用の機械もありますが、高額です。
初期費用を抑えたい人は、段ボールを使うのがおすすめです。
段ボールに基材と生ごみを入れて混ぜるだけで、堆肥になるので方法も難しくありせん。
さらに悪臭がしない、虫もわきにくいなどメリットが多いです。
できるだけ費用を掛けないで、堆肥を作りたい人におすすめです。

自宅に段ボールがない場合は、スーパーなどでもらってきましょう。
ただこの方法は、堆肥が完成するまで時間が掛かります。
今すぐ堆肥が必要という時には向きません。
時間が掛かっても良いように、計画的に作り始めてください。
機械なら、短時間で堆肥を作れます。
どうしても時間がない時は、そちらの方法を選択すると良いでしょう。